モバイルnetビギナーズ

スマホの格安SIMやモバイルルーターなど持ち運びできるインターネット回線についてご紹介していきます。

WiMAXの電波は弱い?地下や高層ビルでモバイルルーター試してみた

下り最大440Mbpsという高速データ通信を月々の上限がないプランを選べば、安価で使い放題という『WiMAX』回線のモバイルルーター。

しかし、高速回線を実現させるために引き換えになっていると言われているのが地下や高層ビルでの電波の弱さです。

今回は実際にWiMAXのモバイルルーターを持って街に出掛け、検証してみました。

f:id:hize700:20180919204158j:plain

 

WiMAXの電波はなぜ弱い?

そもそもなぜ?WiMAXの電波が地下や高層ビルの中では弱いと言われているのでしょうか?その理由はWiMAXの回線で使用されている電波の周波数にあります。

下図の様に通信会社が使用している回線の電波帯はあらかじめ決められているのですが、WiMAX回線と呼ばれるUQコミュニケーションズは他の会社が使っていない2.5GHzという数値の高い周波数帯が使用されています。

 

  UQ WiMAX NTTドコモ KDDI(au) ソフトバンク
700MHz帯 バンド28    
800MHz帯
バンド18/26      
バンド19      
900MHz帯 バンド8      
1.5GHz帯
バンド11      
バンド21      
1.7GHz帯 バンド3    
2.0GHz帯 バンド1  
2.5GHz帯 バンド41      

 

この2.5GHz周波数帯は他の通信会社が使用していないので回線が混雑しにくく、回線使用のピーク時や災害発生時などの回線パンクといった影響を受けにくく、通話では利用しないのでネット通信の為だけに開発を進めることができる高速化にも有利な周波数帯です。

しかし、周波数の数値が高くなれば高くなるほど直進性が強くなり、障害物を回避する能力が弱くなるという性質があります。

この障害物を回避する能力が低いという特性が地下や高層ビルといった壁で囲われている場所で電波が弱まるとされているのです。

 

街に出て検証してみた

それでは実際にはどれぐらい繋がりにくいのか?WiMAXのモバイルルーター『W05』を持って街に出掛けてみました。

 

地下街・地下鉄

まずは電車で移動してみました。地上駅も街中は建物だらけで直進性の高い電波では不利と思われましたが、全くなんともありません。

f:id:hize700:20180919204222j:plain

 

その後、地上駅から地下鉄へとつながる地下街へ進みましたが、ここでもアンテナ感度は最大になったままです。

f:id:hize700:20180919204236j:plain

 

地下鉄のホームに着きました。ここでもアンテナに変化はなく問題ありません。

さすがに電車が動き出すと感度は下がり、繋がらない区間もありましたがこれは携帯電話回線でも同じことでしょう。

f:id:hize700:20180919204250j:plain

 

高層ビル

大阪の本町という場所へやってきました。ご覧の通りビジネス街なのでビルに取り囲まれています。

f:id:hize700:20180919204307j:plain

 

 

今日はこの大阪国際ビルディングというビルの中で開催されるセミナーに参加します。

セミナー会場は貸し会議室になっている16Fです。

f:id:hize700:20180919204320j:plain

 

16階に到着し、モバイルルーターを確認してみると・・・
なんと!アンテナが1本しか表示されていないではないですか!?

f:id:hize700:20180919204531j:plain

 

とはいえ、繋がってはいるのでiPhoneを接続し、通信速度をSPEED TESTというアプリで計測してみました。
結果はご覧の通り、そこそこ速度は出ていて通常使える(YouTubeが高画質(720p)で見れる)レベルです。

f:id:hize700:20180919204546j:plain

 

PCも繋いでみましたが、こちらも使用には差し支えのない速度です。

f:id:hize700:20180919204602j:plain

 

比較用として持ってきたLTEモバイルルーター『FS030』でも試してみます。

こちらのアンテナ感度は最大です。

f:id:hize700:20180919204618j:plain

 

結果はこちら。この状況ではLTE電波の方が確実に速度は出ています。

f:id:hize700:20180919204652j:plain

 

PC接続でも同じ様な結果でした。

f:id:hize700:20180919204704j:plain

 

まとめ

確かにLTEと比べると電波が弱いところもありましたが、十分に使える速度は出ており、特に支障はないと感じました。

しかしながら私の周りのWiMAXユーザーの声としては地下や高層ビルで繋がりにくいという意見が多いのも事実です。

そういった声と今回の実証実験を比べて気付いたのはモバイルルーター端末のちがいではないか?という点です。私の周りで最新機種である『W05』を使用しているのは私だけで他の人は少し古めの機種を使用しています。

端末は日々改善されアンテナ受信もよくなっていますので、これからWiMAXを契約しようと思う人は必ず最新機種を選ぶ様にしましょう。

また、今すぐ最新機種に機種変更したいと考えている人はBroadWiMAXの違約金キャッシュバックキャンペーンなどを利用して最新機種を手に入れましょう。

www.poke-wifi.com

また、高層マンションに住んでいて家に居る時も高速通信を使いたいと考えているなら、WiMAXよりもLTEのモバイルルーターの方がおすすめです。

www.poke-wifi.com

以上、自分のぴったりのモバイルルーターを選んで使う様にしましょう!