モバイルnetビギナーズ

スマホの格安SIMやモバイルルーターなど持ち運びできるインターネット回線についてご紹介していきます。

モバイルルーターは家でも大活躍!おすすめのプランや端末は?

この記事では格安SIMを使ったモバイルルーターについて使い道やメリット、デメリットを中心に解説したいと思います。

はじめにモバイルルーターの簡単な説明とiPhone、スマホなどで利用可能なテザリングとの違い、家の中で使う光回線(固定回線)の代用ができるかといった内容や格安SIMモバイルルーターの注意点などをご紹介します。

おすすめ モバイルルーター 光回線

【目次】

 

モバイルルーターとは

モバイルルーターというのはポケットやカバンに入れて持ち運びができる通信端末のことです。モバイルルーターを使用することで、ノートPCやデスクトップPC、iPadのようなタブレット、iPhone、スマホなどを家の外でも家の中でも使うことができ、インターネットが使えるようになります。

またモバイルルーターを一台持って入れば、スマホとタブレットとPCといった様に複数台接続することもできます。

モバイルルーターは、モバイルWiFiルーター、ワイファイルーター、ポケットWiFiと呼ばれたりもします。

おすすめ モバイルルーター 光回線 1

 

モバイルルーターの使い道

モバイルルーターの役割は無線の通信回線をWiFi電波でスマホやタブレット、PCといった端末に接続する中間機器です。

多くのノートPCやWiFi専用モデルのタブレットはSIMカードを直接挿すことができず、それ単体で通信することはできませんから、端末を持ち運びできても家の外ではインターネットに接続することができません。

そこでモバイルルーターを利用して、ノートPCやWiFi専用タブレットを家の外でもインターネットに接続できる様に使っている人が多いです。

iPhoneやスマホ、SIMが使えるタブレットでも、動画などの重いデータをたくさん使う人は、WiMAX2+という回線のモバイルルーターでインターネット接続をすることが多いです。

また、自分の家に光回線が設置されていない場合、
モバイルルーターを光回線の代わりに使っている人も少なくありません。

 

テザリングはモバイルルーターの代わりになる?

テザリングというのはiPhoneやスマホでモバイルルーターのようにWiFi電波を発信してノートPCやタブレットをインターネットに接続する方法です。

iPhoneや多くのスマホにはテザリングという機能がついていて、以前は大手キャリアでしか使用することはできませんでしたが、最近は一部の格安SIMでも使えるようになってきました。

手軽で使い勝手も良いですが、スマホのデータ通信を使用しますので、不用意に使っていると月末の通信制限の原因になったりもします。

また、テザリング中はスマホのバッテリー消費量が大きくなりますので長時間の接続にも向きません。基本的にテザリングは緊急用としてや月に数回しか使わないといった場合のみおすすめする方法です。

おすすめ モバイルルーター 光回線 2

 

また、格安スマホや以前使っていたスマホに格安SIMを挿してモバイルルーターとして使用する方法もありますが、あまりおすすめではありません。

特に格安スマホを新しく買うぐらいなら、モバイルルーターを買う方が価格は安いですし、サイズもコンパクトです。

スマホでのテザリングはモバイルルーターに比べると少しだけ接続が不安定で、バッテリー消費が大きいです。

 

格安SIMではテザリングが使えない場合も

au回線の格安SIMを使う場合はそれまで使えていたiPhoneでテザリングが使えなくなる場合もあるので、注意が必要です。
ドコモ回線の格安SIMも古いスマホ機種の場合テザリングが使えないこともあります。

 

モバイルルーターは4種類

モバイルルーターは大きく分けて4種類あります。

・格安SIMを使うモバイルルーター
・WiMAX2+のモバイルルーター
・Yモバイルのモバイルルーター(ポケットWiFi)
・docomoのデータプランを使うモバイルルーター

どれを選んでも同じように外出先で使うことはできますが、毎月の通信費や通信速度、対応エリアが違います。

格安SIMの場合、使用するデータ容量が毎月7GB以下なら月に500円〜2,000円前後で使うことができます。通信速度は他よりも少々遅いですが、毎月の通信料が10GB以下という人であれば扱うデータも軽いので問題を感じるレベルではないでしょう。

格安SIMとはいっても、月に使用するデータが7GBを超えてくると月額利用料金が高くなってきます。毎月の利用データ量が7GBを超えてしまう場合は、WiMAX2+、ポケットWiFi(ワイモバイル Pocket WiFi / SoftBank 4G Pocket WiFi)のほうがおすすめです。

docomoのデータプランは格安SIMを使うモバイルルーターと大差がなく月額料金が非常に高いので選択肢から外しましょう。

WiMAX2+とYモバイルのポケットWiFiに大きな差はありません。どちらも格安SIMのモバイルルーターよりも速い通信速度で大量のデータを使えるのが特徴です。しかし、料金プランが7GBか使い放題かの2種類になります。

WiMAX2+のほうがポケットWiFiより取り扱っている会社(代理店)が多く、価格競争によって安く使えるので、
月7GBを超えてくる場合は、ポケットWiFiよりもWiMAX2+をおすすめします。

要するに、月7GB以上になると格安SIMを利用したモバイルルーターでも月額料金は3000円ほどになってくるので、料金的には格安SIMのモバイルルーターでもWiMAX2+のモバイルルーターでも変わりません。

月に7GB以上のデータ通信を利用して同じぐらいの料金を支払うなら、高速通信ができてより多くのデータ量が使えて余裕のあるWiMAX2+がおすすめです。

 

家のネット回線には光回線とモバイルルーターどれが良い?

モバイルルーターは家の外でも使えますが、もちろん家の中でも使うことができます。

なので家には光回線を設置せず、モバイルルーター1台でインターネットを利用する人も少なくありません。

そこで、光回線(固定回線)の代わりに格安SIMのモバイルルーターやWiMAX2+のモバイルルーターを使う方が良いという場合を比較検証してみましょう。

◆格安SIMのモバイルルーター
・月額料金:月500円〜2,000円前後
・使えるデータ量:月1GB〜10GB
・工事不要
少々遅めの通信速度だが特にストレスは感じるレベルではないです。エリアが広く、どこでも使える、モバイルルーターの端末費用は10,000円前後

◆モバイルルーター(WiMAX2+)
・月額料金:月3,000円前後
・使えるデータ量:最大無制限(3日間10GB以下)
・工事不要
高速通信が可能、山間部や民家の少ない場所、高層ビルでは繋がりにくい、モバイルルーター端末費用は無料

◆光回線(固定回線)
・月額料金:月4,000〜5,000円前後
・使えるデータ量:無制限
・工事必要
高速通信が可能、ただしプロバイダによっては混雑時に低速になる、家の外では使えない、WiFiを利用するにはWiFiルーターを購入する必要があり5,000〜10,000円前後

 

忙しくて家にあまり居ない、家でPCやタブレットはほどんど使わないという人は、格安SIMのモバイルルーターを家の光回線の代わりとして使うのもありでしょう。

しかし、山間部や高層マンションでなければWiMAX2+やポケットWiFiを光回線の代わりに使用するのが一番おすすめです。

ただし、映画やYouTubeといった動画などをよく観る人が複数人家の中に居る場合は少し役不足になる場合があります。

WiMAX2+は月のデータ量上限が無制限ですが、
3日間の連続データ使用量が10GBを超えてしまうと、通信制限がかかってします。

例えばPCでAmazonビデオなどを使い映画を高画質で見ると2時間で3GBくらいデータ消費になります。1人でなら毎日2時間映画を見ても大丈夫なレベルですが、複数人となると、加えてインターネットやYouTubeを観ただけでもちょっとオーバーしてしまうかもしれません。

1人で使う場合は、モバイルルーターでやりくりすれば問題ありませんが、同居人にデータの使用制限をさせるのは難しいでしょう。

 しかしながら、データ消費が大きいのは主に動画で、PCやタブレット、ネット対応テレビなどで映画を観たり、YouTubeをプレイリストを流しっぱなしにするなど頻繁に長時間観るようなことがなければ、WiMAX2+モバイルルーターやポケットWiFiのモバイルルーターでも3〜4人ぐらいは十分に対応できます。

しかも万が一通信制限にかかったとしても、

1Mbpsという通信速度でYouTubeの標準画質なら普通に再生して観られるレベル。

通信制限の期間もまる1ヶ月ということはなく、10GBオーバーした日の翌日18時から深夜2時までと一晩だけです。

以上を踏まえてあなたに最適なのはどれか見ていきましょう。

 

月7GB以下なら格安SIMのモバイルルーター

動画制作や大きな画像を頻繁に送受信するデザイナーさんの場合は別ですが、ノートPCやタブレットでホームページを見たり、メールのやりとりなど仕事で使うレベルであれば、月に7GBもあれば大丈夫です。

格安SIMを入れたモバイルルーター、またはテザリングを使うのが良いでしょう。

しかし、テザリングには先に挙げたようにデメリットがありますので使用頻度がより少ない場合を除いておすすめできません。

月に使うデータ量がよくわからない場合は『通信料チェッカー』などのアプリを使って計測してみるのも良い方法です。

スマホに比べてPCの場合は読み込む画像データなどが大きいため、通信データ消費は1.5倍〜2倍くらいに増えますので注意してください。

 
月10GB以下なら格安SIMモバイルルーターがおすすめな理由は

・月額利用料金が安い
・利用エリアが広い
・工事不要

モバイルルーターで使用する格安SIMに通話やSMSは必要ありませんから一番安いデータSIMを使うことができます。

例えばLINEモバイルなら月1GBプランで500円、月3GBで1,110円、月5GBで1,640円、月7GBで2,300円です。

例に挙げたLINEモバイルのデータSIMなら月ごとにプラン変更は可能なので、ちょっと足りない、もう少し節約したいといった選択も可能です。

もちろん回線の工事も必要ありません。

モバイルルーター端末は新品で10,000〜15,000円くらいで、購入後SIMを差し込んでノートPCやタブレット、スマホ側のWiFi設定をすればすぐに使い始めることができます。ドコモ回線を使うならLINEモバイルで料金分割購入も可能です。

WiMAX 2+やポケットWiFiでは、山間部や都市部でも高層ビルだと電波が受信できず使えない場合がありますが、格安SIMのモバイルルーターはスマホと同じLTE電波を利用するので、スマホが使える場所であれば同じように電波を受信して使うことができます。

格安SIMモバイルルーターのデメリットは通信速度が速くない点ですが普通では困らない速度です。以前は1Mbps〜20Mbpsといったレベルでしたが、私が使っているFS030WというモバイルルーターでLINEモバイルのソフトバンクSIMでは日常的に40Mbpsほど出ています。(地域差はあります)


格安SIMが使えるおすすめモバイルルーター

格安SIMで使えるモバイルルーターはたくさんありますが、下記のルーターが評判も良く、バッテリーの持ちが良いので使いやすいです。

 

富士ソフト FS030W

SIMフリーなので全ての回線SIMが利用できます。設定が細やかで、バッテリー寿命を伸ばすために充電を制御するモードや、使用しない時間に再起動を自動で行う設定などができます。ちょっと裏技的な使い方になりますが、バッテリーを取り外してもUSB給電だけで起動し、給電による連動で電源がON、OFFするので車載用として使ったり、PCにUSBで接続し、ON、OFFを連動させることも可能です。

Amazon:富士ソフト FS030W

サイズ:74.0mm x 74.0mm 厚さ17.3mm
重さ:128g
連続通信時間:WiFiテザリング最大20時間
連続待受時間:休止状態 約600時間
SIM形状:microSIM

 

FS030W専用クレードル

クレードルは充電台としてだけではなく、LANケーブルを使うことができるのでデスクトップPCやWiFiのついていないノートPCに有線接続することが可能です。

光回線の代わりとして家の中で使う場合で、LANケーブルによる有線接続をしたい機器があれば併せて購入しましょう。

ただ、USBケーブルの有線接続でインターネット接続も可能なのであまり必要がないかもしれません。

Amazon:富士ソフト FS030W 専用クレードル

ascii.jp

 

モバイルルーターに使えるおすすめ格安SIM

モバイルルータに使用するSIMは音声通話が必要ありませんのでデータSIM(またはシングルタイプ)のSMS無しのプランを選びましょう。

現在格安SIMはかなりの数が出回っていますが、選ぶコツとしては

安さよりも速度を優先するべきです。

 

格安SIMは電波を間借りしているので優先順位によって速度は異なります。
つまり、

大手キャリアから優遇してもらえるような会社であれば通信速度は速いのです。

「そんな会社、本当にあるの?」と思ったかもしれませんが、実際に携帯大手キャリアから優遇されている会社はあります。それは、

携帯大手のグループや関連会社の格安SIM会社です。

ドコモの回線は格安SIMが乱立してしまっているので速度にあまり差が出ていませんが、下記のKDDIグループであるUQモバイルとソフトバンクと資本・業務提携しているLINEモバイルは通信速度に定評があります。

 

◆au回線ならUQmobile(UQモバイル)

おすすめ モバイルルーター UQmobile 3

おすすめ モバイルルーター UQmobile 1 おすすめ モバイルルーター UQmobile 2

 

◆ソフトバンク回線ならLINEモバイル

モバイルルーター LINEモバイル

おすすめ モバイルルーター LINE

 

この2社の格安SIMを選べばまず間違いはありません。

 

月7GB超ならWiMAX2+モバイルルーターか光回線

月7GB以下であれば格安SIMでのモバイルルーターが、おすすめですが、映画や動画をよく見たり、そうした人が同じ回線を使うのであればWiMAX2+のモバイルルーターか光回線を使うのがおすすめです。

 

WiMAXの特徴は

・モバイルルーターなので持って歩ける
・通信速度が速い
・月額料金が安い(3,000円前後)
・工事不要
・月ごとのデータ使用量は無制限
・3日間での上限は10GB
・通信制限になっても18時〜2時までの半日
・山間部や地方、高層ビルに弱い

こういった特徴があります。

光回線は

・通信速度が速い
・月額料金は5,000〜6,000円ほど
・プロバイダとの契約が必要
・プロバイダによって通信が遅くなることもある
・回線工事が必要
・データ使用量は無制限
・有線なので場所を選ばない

つまり、よほどの動画好きが複数人同時に使うか山間部や地方、高層ビルでなければWiMAXの方がコストは安く、設置も簡単なので、光回線よりもおすすめ。

というわけです。

>>月7GB以上使うならコチラの記事も

 

もう一つの選択肢NEXTmobile

家の中で使うだけであれば、山間部や地方、高層ビルに住んでいる人は固定回線を契約すれば良いのですが、固定回線はWiFiルーターを外に持ち出せませんよね?

そこでおすすめなのがNEXTmobileです。

NEXTmobileは基本的にはソフトバンク系の格安SIMを使ったモバイルルーターなのですが、20GB、30GB、50GBという大容量が2,760円から利用できます。

しかも先ほどご紹介したおすすめのモバイルルーター端末FS030Wが無料です。

月のデータ使用量は7GBを超えるけど、WiMAXの電波が届きにくい場所に住んでいたり、出張や旅行先でモバイルルーターを活用したいという人には特におすすめです。

モバイルルーター おすすめ NEXT mobile

モバイルルーター おすすめ NEXTmobile 申し込み

 

格安SIMを使ったモバイルルーターのまとめ

格安SIMを使ったモバイルルーターの強みはコストの低さと手軽さです。そして、モバイルルーターは持ち運べることが最大のメリットですよね。

家族が多く、それぞれが映画やアニメなどたくさんの動画を見る場合などはデータを大量に使用しますので光回線はおすすめです。

しかしながら光回線は回線の取り付け工事が必要で工事にかかるまでに時間もかかります。また、プロバイダを選び契約する必要があってここでも選択によってインターネットの快適度は変わりますし、WiFiルーターを別途購入する必要もあります。もちろんWiFiルーターの性能によってせっかくの高速回線をうまく活かせないこともあります。

WiMAX 2+やポケットWiFiのモバイルルーターは、工事も必要なく、プロバイダによる性能差はありません。費用もプロバイダとの契約料のみです。

格安SIMのモバイルルーターと同等の手軽さですが、対応エリアや高層ビルなどでの繋がりにくさが問題です。

ただし、月々のデータ使用上限はなく、高速通信が利用できるという点で、電波の問題がない場所では一番おすすめです。

格安SIMのモバイルルーターは、工事も不要で、月額料金は使用状況によって細かく計画することが可能です。使えるデータ量は光回線やWiMAX2+と比べると少ないですが、計測して把握していればストレスになるようなことはないでしょう。

モバイルルーター端末としてFS030Wを使えば、クレードルやUSBケーブルによって有線接続にも対応できます。

以上のことから、コスト、利便性、手軽さという点でメリットの多い格安SIMモバイルルーターを私はおすすめしたいと思います。