初心者向けの格安SIM・WiFiモバイルルーター・ WiMAX・ネット回線 情報ブログ

モバイルnetビギナーズ

モバイルルーター

格安SIMも使えるWiFiモバイルルーターとは?テザリングよりもおすすめ!

更新日:

おすすめの
WiFiモバイルルーターというと
通信速度のスペックや
月々の上限ギガ数や
料金が注目されがちですが

これまで自分や周りの人たちが
WiFiモバイルルーターを
使っている状況を見て思うのは

WiFiモバイルルーターは
通信速度よりも
出先で使えるかどうかが重要

だと思います。

なので、
この記事では私が実際使ってみて
「心底おすすめしたい」
と思えたWiFiモバイルルーターを
ご紹介したいと思います。

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 1

まずモバイルルーターとは?

モバイルルーターは

  • モバイルWiFiルーター
  • ワイファイルーター
  • ポケットWiFi

など呼ばれ方はいろいろです。

WiFiモバイルルーターは
ポケットやカバンに入れて
持ち運びができる通信端末のことです。

SIMカードが挿せないノートPCや
iPadのようなタブレット
最近ではSwitchの様なゲーム機など
基本的には
WiFi電波を受信できる機器であれば
モバイルルーターを使用して
屋外でもインターネットに
接続ができるようになります。

もちろん、
普段は屋外でWiFi利用していない
iPhone、スマホなども
WiFiモバイルルーターに接続して
持ち歩くことが
可能なのでスマホのプランを見直して
毎月の料金を抑えることも可能です。

また、
モバイルルーターを1台持って入れば
PCやスマホなど10台ほど同時に
接続することができます。

なので近くにいればWiFi電波を
家族や友人と共有することも可能です。

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 2

 

モバイルルーターとテザリングの違いは?

テザリングというのは
iPhoneやスマホで
モバイルルーターのように
WiFi電波を発信して
ノートPCやタブレットを
インターネットに接続する方法です。

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 3

 

テザリングは手軽で
使い勝手も良いですが、
スマホのデータ通信を
使用しますので、
普段からに使っていると
月末の通信制限の原因に
なったりもします。

また、
テザリング中は
スマホのバッテリー消費量が
大きくなります
なので長時間の接続も向きません。

格安スマホや
以前使っていたスマホに
格安SIMを挿してテザリング専用
と使用する人もなかにはいますが、
私はあまりおすすめしません。

スマホでのテザリングは
モバイルルーターに比べると
接続が不安定で、
先ほども言った通り
バッテリー消費が大きいです。

基本的に
テザリングは緊急用
として考え、普段から使うのであれば
WiFiモバイルルーターを使う方が
おすすめです。

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 4

 

格安SIMではテザリングが使えない場合も

iPhoneや多くのスマホには
テザリング機能がついていて、
大手キャリアでの契約であれば
問題なくテザリングは可能ですが

格安SIMの場合は
au系回線や格安SIMの種類、
古いスマホ機種の場合など
それまでテザリングが使えていたのに
使えなくなってしまう場合もあります。

 

モバイルルーターの選び方

WiFiモバイルルーターは
スマホや携帯電話と違って
選ぶときに重要なのは
どこの会社と契約するかではなく

どんな電波方式の
WiFiモバイルルーターを選ぶか?
が重要になります。

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 5
モバイルルーターは
大きく分けて4種類あります。

・LTE(データSIM)を使うモバイルルーター
・docomoのデータプランを使うモバイルルーター
・WiMAX(WiMAX2+)のモバイルルーター
・Yモバイルのモバイルルーター(ポケットWiFi)

どれを選んでも同じように
外出先で使うことはできますが、
毎月の通信費や通信速度、
対応エリアが違います。

 

LTE(データSIM)を使うモバイルルーター

スペック数値だけを見れば
WiMAXや
YモバイルのポケットWiFiよりも
劣るように見えますが、
実際使ってみると
ストレスは感じません。

対応エリアが基本的に
携帯電話の対応エリアと
同じなので、
スマホで
インターネット通信できる場所
であればエリア対応を
心配する必要がありません。

1万円前後で購入できる端末と
格安SIMを利用すれば
ソフトバンク、au、ドコモ
と好きなキャリアの電波で
大容量のギガ数を
安く使うことが可能です。

LTEを使ったモバイルルーターには
docomoが直接提供している
データプランというのがありますが、

docomoのデータプランは
月額料金が非常に高く、
格安SIMで使うモバイルルーターと
性能は大差がないので
選択肢から外して良いと思います。

 

WiMAX(WiMAX2+)のモバイルルーター

WiFiモバイルルーターの中では
いちばん多く紹介されているので
聞いたことがある人も多いでしょう。

WiMAXというのは
電波方式の名前で、
現在WiMAX2+という規格が最新です。
(LTE電波をオプション料金で併用)

LTEは携帯電話(スマホ)の
インターネット通信や
通話のための電波としても
利用されているのに対して、
WiMAXは
モバイルルーター専用の回線です。

モバイルルーター専用なので
特化した開発を進めることができ、
最大通信速度はLTEに比べて速く、
利用者が少ないので
パンク状態になりにくい点で
通信制限が緩い
というメリットを持っています。

しかし、
LTEに比べると
アンテナ基地局は都市部が中心で
数が少なく、
電波が届かないエリアも多いです。

また電波の特性として
地下や高層ビルでも
電波が弱くなりやすいです。

関連記事▼
WiMAXの電波は弱い?地下や高層ビルでネクストモバイルとも比較した

 

Yモバイルのモバイルルーター(ポケットWiFi)

ポケットWiFiというと
WiFiモバイルルーターと
同じ意味を持った言葉
だと思う人も多いですが、
実はYモバイルの登録商標で、
ポケットWiFiという名前の
WiFiモバイルルーターを
扱っているのは
YモバイルとYahoo!WiFi
この2社だけなんです。

電波には
ADGPという電波を利用します。
(LTE電波をオプション料金で併用)

特性はWiMAXとほとんど同じで、
高速で通信制限が緩いですが
対応エリアが広くありません。

関連記事▼
料金は?通信量は??わかりにくい『Yahoo!WiFi』をわかりやすく説明します

 

外出時に繋がりやすいLTE回線がおすすめ

私が一番おすすめしたい
モバイルルーターの電波は
よく紹介されているWiMAXではなく
十分な通信速度で、
使えるエリア、場所が
WiMAXよりも断然広い
LTEのモバイルルーターです。

多くの人は
WiFiモバイルルーターを外出時や
仕事の出張時といったシーンで
メインに使おうと
考えているでしょう。

確かにWiMAXの
光回線に匹敵するような通信速度や
月々の上限がない料金体系は
魅力的に映りますが、

WiMAXは
実際に持ち歩いてみると
使い物にならないことが多いです。

まずエリアが広くないので
そもそも電波を受信することが
できないことが多く、
エリア内の都市部でも
ビルの中などでは電波の特性上、
思ったような高速通信はできません。

その点LTEなら
携帯電話と同じ電波を利用
していますので、
普段使っているスマホで
電波が拾えるところなら
問題なく使用することが可能です。

都市部でも
高層ビル内ではWiMAXより
速い通信速度で
使うことができます。

通信容量についても
仕事で制作動画や
大きな画像、図面などを
頻繁に送受信する場合は別ですが、
ノートPCやタブレットで
ホームページを見たり、
メールのやりとりなど
仕事で使うレベルであれば
必要にして十分な
通信容量が安価で使用可能です。

 

格安SIMでおすすめのLTEモバイルルーターは?

格安SIMで使える
モバイルルーターの端末は
たくさんありますが、
下記のルーターが評判も良く、
バッテリーの持ちが良いので
使いやすいです。

▼関連記事
出張やビジネスにはモバイルルーター『FS030W』がおすすめ!

富士ソフト FS030W

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 6

Amazon:富士ソフト FS030W

サイズ:74.0mm x 74.0mm 厚さ17.3mm
重さ:128g
連続通信時間:WiFiテザリング最大20時間
連続待受時間:休止状態 約600時間
SIM形状:microSIM

まずSIMフリーなので
全ての回線SIMが利用できます。

設定が細やかで、
バッテリー寿命を伸ばすために
充電を制御するモードや、
使用しない時間に
端末を自動で再起動する設定などが
用意されています。

 

FS030W専用クレードル

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 7

Amazon:富士ソフト FS030W 専用クレードル

クレードルは充電台としてだけではなく、
LANケーブルを使うことができます。

デスクトップPCや
WiFiのついていないノートPCに
有線接続することが可能です。

光回線の代わりとして家の中で使う場合で、
LANケーブルによる
有線接続をしたい機器があれば
併せて購入しましょう。

ただ、FS030Wは
USBケーブルの有線接続で
インターネット接続も可能
なのであまり必要が
ないかもしれません。

 

ソフトバンク回線で使うならネクストモバイルがおすすめ

LTEのモバイルルーターで
ソフトバンク回線を使うなら
おすすめなのが
ネクストモバイルです。

ネクストモバイルは
モバイルルーターが
20GB/月いう大容量でも
2,760円
で利用できます。

使用用途によって30GB
50GBも選ぶことが可能です。

しかも先ほどご紹介した
おすすめのモバイルルーター端末
FS030Wが
今なら0円で使えます。

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 8

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 9

 

ソフトバンク以外でモバイルルーターに使えるおすすめ格安SIM

ソフトバンク回線以外で
使いたい人は
モバイルルーター端末を購入して
格安SIMを利用しましょう。

WiFiモバイルルーターに
使用するSIMは
音声通話が必要ありませんので
データSIM(またはシングルタイプ)の
SMS無しのプランを選びましょう。

格安SIMは現在
かなり会社が増えて迷いますが
選ぶコツとしては

安さよりも
通信品質を優先するべきです。

格安SIMは
電波を間借りしているので
優先順位によって
通信品質は異なります。
つまり、

大手キャリアから
優遇してもらえるような会社
であれば通信品質は良いのです。

「そんな会社、本当にあるの?」
と思ったかもしれませんが、
実際に携帯大手キャリアから
優遇されている会社はあります。

それは、

携帯大手のグループや
関連会社の格安SIM会社です。

下記のKDDIグループである
UQモバイルは
通信速度に定評があります。

 

◆au回線ならUQmobile(UQモバイル)

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 10 モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 11

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 12 モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 13

 

ドコモの回線は格安SIMを
早くから供給していたためか
例外のようです。

最近ではビッグローブが評判が良いです。

◆ドコモ回線ならビッグローブ

モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 16モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 17

>ビッグローブ ホームページリンク<モバイルルーター おすすめ 格安 格安sim 18

 

モバイルルーターのまとめ

WiFiモバイルルーターは
屋外に持ち運べることが
最大のメリットですよね。

その特性を一番生かせるのは
LTE電波を利用した
WiFiモバイルルーターだと
確信しています。

モバイルルーター端末として
FS030Wを使えば、
クレードルや
USBケーブルによって
有線接続にも対応できます。

家の中の回線兼用を
考えているのなら
WiMAXも検討に入れましょう。
WiMAXのモバイルルーターであれば
工事も必要なく、
プロバイダによる性能差はありません。
費用もプロバイダとの契約料のみです。

3日間の制限はあるものの
月々のデータ使用上限はなく、
高速通信が利用できるという点で、
電波の問題がない場所では
一番おすすめです。

以上あなたにぴったりの
モバイルルーターを
選んでくださいね!

yモバイル ワイモバイル ソフトバンク 乗り換え

-モバイルルーター

Copyright© モバイルnetビギナーズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.